Comment

マタイの福音書 12:38-42

マタイの福音書 12:38-42 を読みましょう

パリサイ人と律法主義者はイエスのしるしを見たにもかかわらず、イエスが救世主キリストだと信じませんでした。しかしニネベの人々は悔い改め、シェバの女王は非常に小さな不敬虔さによって駆り立てられ、神を求めました。それはどういったものだったでしょうか? 

イエスの説教を聞き、イエスの奇跡を見ても、人々は信じませんでした。マタイのそれについてマタイの福音書11:20-24を読みましょう。 

ヨナの教え、ソロモンの知恵、そしてイエスの教えと奇跡はすべて、神さまが御自身を現している啓示の手段となったものです。神さまはいろいろな場面で御自身を現していました。ヘブライ人への手紙1章1〜2節を読んでみましょう。

名古屋ではどんな神さまの啓示が見られますか? (例:スマートフォンにある聖書アプリ)

すべての場所ですべての人々が見ることのできる啓示はなんでしょうか?すべての人への啓示についてローマ人への手紙 1:18-2:2を読みましょう。 

救われるためにすべての人はなにをしなければならないでしょうか?ローマ人への手紙3:21-26、使徒の働き4:12、ヨハネの福音書14:6を読みましょう。


Add a comment

Email again: